男女脳コミュニケーション
男女脳マーケティング

男女の脳のギャップを知ることが、ビジネスの大きなアドバンテージに
◇ 男女脳差理解を職場に活かす
◇ 男女脳差理解を商品開発に活かす
◇ 男女脳差理解を人生に活かす

男女脳とは、脳種(認識モデル)の違いの一つです。
母語によっても、年齢によっても、脳の認識モデルは違ってきます。

男性脳とは、男性に多く見られる認識傾向の脳、
女性脳とは、女性に多く見られる認識傾向の脳のこと。
当然、男性の身体に女性脳が乗っているケースもあり、逆もあります。
また、後天的に異性の能力を手に入れて、両脳をうまく使っているケースもあります。

女性脳は、右脳(感じる領域)と左脳(顕在意識)の連携密度と頻度が高い脳で、察する能力が高く、感じたことをことばに変え、臨機応変に動くことが得意です。
半径3m以内の、静止したもの・比較的動きが緩慢なものをつぶさに見て、針の先ほどの変化も見逃しません。
ものごとを判断するときは結論より過程が気になり、おしゃべりによってストレスを解消します。

男性脳は、右脳内、左脳内に閉じた信号が活性化するタイプで、空間認知に長けていて、俯瞰力・構造理解力が高いのが特徴です。
半径3m以遠の動くものに瞬時に照準があい、俊敏に対応できます。
ものごとを判断するときは過程より結論が気になり、おしゃべりによってストレスが倍増します。

この二つの脳は、感性=本能に直結している「無意識の領域で起こる、とっさの快・不快」がほぼ真逆。
「言ってほしいことば」「してほしい所作」がことごとくズレるので、多くの「良かれと思って」が、互いに裏目に出ている関係なのです。

このギャップを知らないと、「ともに活躍してほしい」という思いが空回りしたり、「売れてほしい」と思う商品が、買い手の目に留まらなかったりします。

弊社は、男女脳ギャップを科学的に解明しており、人事教育やマーケティングに活かしていただく手法を整えております。
セミナーやコンサルティングなど、「男女脳差理解をビジネスのアドバンテージにしたい」すべてのビジネスパーソンの要請にお応えします。

◆ セミナー各種

「感性コミュニケーション ~男女脳差理解による組織力アップ講座」
「感性マーケティング ~市場の女心、男心をつかむ脳科学」
その他、ご要望に応じて、カスタマイズします

◆ コンサルティング

商品開発の発想から広報まで、あらゆる現場でご支援します
単発のブレーンストーミング、定期的な訪問によるコンサルティングなど、ご要望に応じます
「アイデアが詰まった。とにかく来てくれ」「まずは、話を聞いてほしい」でもけっこうです、お気軽に。

● お申込・お問い合わせは、下記メールアドレスにご連絡ください。
info@kansei-research.com